HOME > 利用案内 > 施設紹介 > 概要

概要

施設・設備・蔵書数(2019年5月1日現在)

建物 本館 地下2階地上5階(図書館部分は地下2階地上2階)
7,188平方メートル
別館 地上1階331平方メートル
総面積 7,519平方メートル
蔵書数 図書 約62万冊
雑誌 約2,700種
視聴覚資料 約6,000点(Blu-ray Disc、DVD、CD-ROM等)
視聴覚資料用ブース 18席
蔵書検索用PC (OPAC PC) 13台
オープンPC 50台

現在の図書館

 大学正門から見て正面に位置する現在の図書館は、1978年に本学創立50周年記念事業の一環として建てられたものです。建物は、1984年秋に竣工、翌1985年3月より本格的にサービスを開始しました。地上5階地下2階建、延べ面積8,732.04平方メートルの建物のうち、地下2階から地上2階までが図書館です。
 2018年に1・2階の改修工事を行ない、マルチスペースやメインコモンズ、ラウンジ、リブカフェと、本学卒業生でサンヨー食品株式会社前社長の井田毅氏(故人)を記念した井田毅記念セミナールーム等を新たに設けました。2019年にはライティングサポートセンター(WSC)を開室。学びの場として、アクティブラーニングに応える教育・研究・学修支援環境と居心地の良い空間を提供しています。

旧図書館

 現在の図書館が建設される以前は、1962年12月に竣工した小さな図書館でした。1959年に建設された1号館についで、本学2番目の鉄筋コンクリート造の建物で、延べ面積1,101平方メートル、地上3階一部4階、書庫面積は約200平方米、現在の図書館の1/10以下でしたが、22年後、新図書館が建設されるまで、小さいながらも大学のシンボルとして活躍していました。現在、この建物は取り壊され、跡地に7号館が建っています。

 図書館前庭の噴水は、1997年3月末に竣工しました。春夏秋冬それぞれの季節、周囲の木々の変化とともに美しい水のページェントを楽しませてくれます。夕闇が迫る頃には、屋内からの光に照らされた図書館玄関上部のステンドグラスをバックにライトアップされた噴水がひときわ輝いています。

PAGE TOP