要 旨・目 次 情 報

[ 検索TOPページ | ブックマーク一覧 ]  [ ヘルプ ]


← 予約ができるのは貸出中の図書だけです。
 *巻書名*請求記号*備品番号*配架場所ステータス返却予定日*資料種別受入年月日所蔵ID予約数
第2部IGB/B-47S 16862B2北:Jブロック貸出可能
図書2002/02/2801000924440

書誌番号0000109363 
書名作者の家 : 黙阿弥以後の人びと 
巻書名第2部 
 
著者名河竹登志夫著 
出版地東京 
出版者岩波書店 
出版年2001.12 



要旨・目次情報[B0153396] 要旨: 黙阿弥の死後、家を継いだのは独身の娘糸女であった。養嗣子繁俊も嫁みつをむかえ、女 当主に献身するが、大正一二年の関東大震災、翌年の糸女の死は歌舞伎作者の家の解体に 拍車をかける。河竹家三代の、なさぬ仲をも経て、家はどのように継承され、また変貌し ていったのか。黙阿弥の曾孫の手になる評伝文学の傑作。 目次: 1 嫁とりの条件 2 両替町の人びと 3 大店の昼と夜 4 繁俊の結婚 5 本所の四季 6 根岸閑居 7 大震災前夜 8 劫火の中で 9 宇田川の陋居 10 糸女の死 11 その後

[ 検索TOPページ | ブックマーク一覧 ]  [ ヘルプ ]



lib@cuc.ac.jp