HOME > 学習支援 > 書評コンテスト

第2回 書評コンテスト

たくさんのご応募をありがとうございました。

厳正な審査の結果、入賞者が決定しました。詳細は下記バナーよりご確認ください。

応募要領   ※応募期間は終了しました

応募要領 対象図書
  • 【課題図書部門】テーマ:「書評にチャレンジ!この新書、あなたはどう読む?」
  • 【自由選択部門】図書館所蔵本の新書(2011年1月以降出版のもの)から1冊を選んで書評
対象者 千葉商科大学の学部学生
文書形式 2,000字以上3,000字以内(MS-Word A4横書 1行40字)
提出方法 【課題図書部門】2,000字以上3,000字以内(MS-Word A4横書 1行40字)
メールの送付先:lib@cuc.ac.jp(図書館)
メールの件名(Subject):書評コンテスト 応募部門 学籍番号
メールの本文:応募部門 応募者の学部・学科 学籍番号 氏名 書名を明記
添付:書評のWordファイル
*入賞作品は図書館Webサイト等で掲載する予定です。 あらかじめご了承ください。
*入賞作品の著作権、版権は千葉商科大学に帰属します。
入賞 最優秀賞 副賞30,000円 部門ごと各1名
優秀賞 副賞15,000円 部門ごと各1名
佳作 副賞 5,000円 若干名
(※入賞以外の応募者の方にも参加賞があります)
応募受付期間 2016年8月1日(月)〜2016年10月22日(土)必着
審査結果発表(予定) 2016年11月に図書館Webサイトと館内で発表予定
表彰 2016年12月頃(予定)
審査員図書館長、図書館運営委員会
お問い合わせ図書館コントロールデスク
E-Mail: lib@cuc.ac.jp

書評コンテスト 課題図書

テーマ「書評にチャレンジ!この新書、あなたはどう読む?」

※詳細は書名をクリックしてください

タイトル 編著者名 出版社等
天災から日本史を読みなおす 磯田道史 中公新書
下り坂をそろそろと下りる 平田オリザ 講談社現代新書
本物の英語力 鳥飼玖美子 講談社現代新書
ブラックバイト 今野晴貴 岩波新書
サッカーと人種差別 陣野俊史 文春新書
働く女子の運命 濱口桂一郎 文春新書

書評ってなに?書評Q&A

【Q1】「書評」って何?
書評(book review)は、新刊書など、本の内容を紹介しながら批評を加えた文章のことだよ。書評の書き方として決まった形はないけど、押えておきたいポイントがあるんだ。

まず、読書感想文と書評の違いを考えてみよう。小中高校で書いた読書感想文は、本を読んで自分の感じたこと(感想)を書くわけだけど、感想というのはそもそも主観的で情緒的な理解だよね。
でも書評は、単なる自分の感動や感想ではなく、その本の内容や価値を、他の人に客観的に紹介することが大切なんだ。
だから、本の論点や特徴を他の人に伝わるように整理して、根拠をあげながら批評(評価)することが求められるんだ。
【Q2】授業で「課題図書レポート」を提出したことがあるけど、書評は課題図書レポートとどう違うの?
本の紹介や論点整理、それに対する考察と批評(評価)をするという点では 課題図書レポートと書評は似ているね。

でも、書評の場合は、まだ読んでいない人に向けて、その本の面白さを説得力をもって伝えることが重要なんだ。場合によっては、似たテーマの本や同じ著者の他の作品と比較しても面白いよ。
評価するには、「自分の視点」が必要なんだね。
書評は、こういう視点で読むと、こう いう発見がある、ということを表現することでもあるんだ。自分が見つけた意外な読み方を説得的に表現できたら、きっと楽しいよ。
【Q3】書評を書くのに参考になるものない?
そうだね、新聞(全国紙)には毎週日曜日に「書評欄」があるし、図書館には「週刊読書人」という書評専門の新聞もあるよ。
いろんなスタイルの書評があるから参考にしてみて。役に立ちそうな本を少しだけ紹介しておくね。

※役に立つ本
『大学生の論文執筆法』 石原千秋 ちくま新書

※個性的な書評集
『打ちのめされるようなすごい本』 米原万里 文春文庫

PAGE TOP