HOME > 学習支援 > 書評コンテスト

第3回 書評コンテスト

平成29年11月20日 更新

たくさんのご応募をありがとうございました。

厳正な審査の結果、入賞者が決定しました。詳細は下記バナーよりご確認ください。

応募要領

※応募期間は終了しました

    
応募要領 対象図書 課題図書のうち1冊についての書評
対象者 千葉商科大学の学部学生
文書形式 1,000字以上2,000字以内(MS-Word形式 A4 1行40字)
☆応募作品の冒頭にタイトルを記載(タイトルに「課題図書のタイトル」が含まれない場合は、これを補記)すること。改行のうえ、学部・学科・学籍番号・氏名を記載し、さらに改行したうえで本文を始めること。※本文以外は文字数に含めない
提出方法 E-Mailにデータを添付してlib@cuc.ac.jp(図書館)あてに提出
メールの送付先:lib@cuc.ac.jp(図書館)
メールの件名(Subject):書評コンテスト応募 学籍番号
メールの本文:応募者の学部・学科 学籍番号 氏名 「課題図書のタイトル」を明記
添付:書評のWordファイル
※応募条件を満たしていない作品については、審査の対象外となります。
注意事項 (1)応募は1人1篇まで。
(2)本人が書いたオリジナル未発表作品であること。
(3)応募作品の使用権は千葉商科大学付属図書館に帰属します。
入賞作品は
図書館Webサイト掲載のほか、大学発行の印刷物に掲載する場合があります。
(4)他人の著作物からの無断引用は違法行為です。
※他人の書評の丸写しや、一部の書き換えで自作としたことが判明した場合は、
選考の対象外となります。
入賞 最優秀賞 副賞30,000円 1名
優秀賞 副賞20,000円 1名
奨励賞 副賞 10,000円 若干名
受賞者以外の応募者の方には参加賞があります。
応募受付期間 2017年8月1日(火)〜2017年10月7日(土)必着
審査結果発表(予定) 2017年11月に図書館Webサイトと館内で発表予定
表彰 2017年12月頃(予定)
審査員図書館長、図書館運営委員会
お問い合わせ図書館コントロールデスク
E-Mail: lib@cuc.ac.jp

書評コンテスト 課題図書

※詳細は書名をクリックしてください

タイトル 編著者名 出版社等
東大留学生ディオンが見たニッポン ディオン・ン・ジェ・ティン 岩波ジュニア新書
ホッブズ リヴァイアサンの哲学者 田中浩 岩波新書
ローマ法王に米を食べさせた男
過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?
高野誠鮮 講談社+α新書
モテる構造 男と女の社会学 山田昌弘 ちくま新書
モラルの起源 実験社会科学からの問い 亀田達也 岩波新書
ポケモンGOは終わらない 西田宗千佳 朝日新書
クランボルツに学ぶ夢のあきらめ方 海老原嗣生 星海社新書
ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 池田理代子 ベスト新書
正社員消滅 竹信三恵子 朝日新書
「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済 小川さやか 光文社新書
読んじゃいなよ!
明治学院大学国際学部高橋源一郎ゼミで岩波新書をよむ
高橋源一郎 岩波新書

書評ってなに?書評Q&A

【Q1】「書評」とは?
A:新刊書など、本の内容を紹介しながら批評を加えた文章のことだよ。
書評の書き方として決まった形はないけど、押えておきたいポイントあるんだ。
まず、読書感想文と書評の違いを考えてみよう。
小中高校で書いた読書感想文は、本を読んで自分の感じたこと(感想)を書くわけだけど、感想というのはそもそも主観的で情緒的な理解だよね。でも書評は、単なる自分の感動や感想ではなく、その本の内容や価値を、他の人に客観的に紹介することが大切なんだ。
だから、本の論点や特徴を他の人に伝わるように整理して、根拠をあげながら批評(評価)することが求められるんだ。
【Q2】書評は課題図書レポートとどう違うの?
A:本の紹介や論点整理、それに対する考察と批評(評価)をするという点では課題図書レポートと書評は似ているね。
でも、書評の場合は、まだ読んでいない人に向けて、その本の意義を伝えることが重要なんだ。
場合によっては、著者の分析や意見を批判したり、その本に欠けている重要な問題を指摘したりして、その本を読むときの視点を増やすような議論も大切だよ。書評を読んでからその本を読むと、読者は二倍面白く読める、そんな書評だね。
似たテーマの本や同じ著者の他の作品と比較して、議論の発展や違いを指摘するのも面白いと思うよ。批判したり、比較したりしながら評価するには、「自分の視点」が必要だね。
書評は、こういう視点で読むと、こういう発見がある、という表現でもあるんだ。自分が見つけた意外な読み方を説得的に表現できたら、きっと楽しいよ。
【Q3】書評を書くのに参考になるものは?
図書館webサイトには受賞者の書評がアップされているよ。
他にも、新聞(全国紙)には毎週日曜日に「書評欄」があるし、図書館には「週刊読書人」という書評専門の新聞もあるよ。いろんなスタイルの書評があるから参考にしてみて。役に立ちそうな本を少しだけ紹介しておくね。

※役に立つ本
『大学生の論文執筆法』 石原千秋 ちくま新書

※個性的な書評集
『打ちのめされるようなすごい本』 米原万里 文春文庫
『小泉今日子書評集』 小泉今日子 中央公論新社
『第2図書係補佐』 又吉直樹 幻冬舎よしもと文庫
『文庫解説ワンダーランド』 齋藤美奈子 岩波新書

※役に立つWebサイト
「週刊読書人ウェブ」

PAGE TOP