Jonas, Hans, 1903-1993

著者名典拠詳細を表示

著者の属性 個人
場所 Mönchengladbach, Germany
一般注記 EDSRC:기술 의학 윤리 : 책임 원칙의 실천 / 한스 요나스 지음 ; 이유택 옮김(솔, 2005.12)
His Gnosis und spätantiker geist, 1934-
EDSRC:Philosophische Untersuchungen und metaphysische Vermutungen / Hans Jonas(Suhrkamp, 1994.)
EDSRC:Le concept de Dieu aprés Auschwitz : une voix juive / Hans Jonas ; Traduit de l'allemand par Philippe Ivernel ; suivi d'un essai de Catherine Chalier(Payot et Rivages, c1994)
EDSRC:責任という原理 : 科学技術文明のための倫理学の試み / ハンス・ヨナス [著] ; 加藤尚武監訳(東信堂, 2000.5): p.399 (1903年ドイツのヂュッセルドルフ近くで富裕な織物工場のユダヤ人経営者の家に生る; アメリカで1933年没; ハンナ・アーレントは生涯の親友; 現象学のフッサール, 実存哲学のハイデガー, 神学のブルトマンに師事し「グノーシス教」の研究で博士号を取る; 1933年1月にヒットラーが政権を取り、5月にハイデガーが大学総長就任演説で熱狂的なナチス支持を表明したのに衝撃を受けて移住; 定職に得られず、イギリス, パレスティナ, カナダ, 最後にアメリカに行く; 1942年母親がアウシュヴィッツ収容所で死亡したのを期に、ドイツ文化と決別; 76歳で本書をドイツ語で書くことを決意し、1979年刊行、ドイツ出版平和賞を受賞)
EDSRC:アウシュヴィッツ以後の神 / ハンス・ヨーナス [著] ; 品川哲彦訳 (法政大学出版局, 2009.9): t.p. (ハンス・ヨーナス). -- author's information (メンヒェングラートバハ ... に生まれる)
生没年等 1903-1993
から見よ参照 Jonas, H.
ヨナス, ハンス(1903-1993)<ヨナス, ハンス>
ヨーナス, ハンス<ヨーナス, ハンス>
요나스, 한스
コード類 典拠ID=AL00250980  NCID=DA00668442
1 神話論から神秘主義哲学へ / ハンス・ヨナス [著] ; 大貫隆訳 東京 : ぷねうま舎 , 2015.10
2 神話論的グノーシス / ハンス・ヨナス [著] ; 大貫隆訳 東京 : ぷねうま舎 , 2015.9
3 ハンス・ヨナス「回想記」 / ハンス・ヨナス著 ; 盛永審一郎 [ほか] 訳 東京 : 東信堂 , 2010.10
4 生命の哲学 : 有機体と自由 / ハンス・ヨーナス [著] ; 細見和之, 吉本陵訳 東京 : 法政大学出版局 , 2008.11