この情報を出力する

このページのリンク

キンダイ モンジョガク エノ テンカイ
近代文書学への展開 / 岩倉規夫,大久保利謙 編

データ種別 図書
出版者 東京 : 柏書房
出版年 1982.6
大きさ 429p ; 22cm

所蔵情報を非表示

B2南書庫
018.09/Ki42 C803329305




書誌詳細を非表示

内容注記 内容:総理府における国立公文書館設立計画の由来と現況 大久保利謙著. 「歴史資料保存法」のころ 木村礎著. 近代公文書学への模索 津田秀夫著. 一内政公務員の軌跡―国立公文書館長を退官して 岩 倉規夫著. 明治初年、北海道における法令の施行―開拓使文書の体系的把握のための試論 鈴江英一著. 福島県における府県史料・皇国地誌の編纂について 誉田宏著. 地方文書館の設置・運営について―茨城県立歴史 館を例として 佐久間好雄著. 毛利家文庫に対する一考察 広田暢久著. アメリカ合衆国における国立文書館制度の発展 金井円著. Adolf Brenneke,Archivkundeについて 城戸毅著.
海外文書館の思出あれこれ 岩生成一著. インドの古文書館 小西四郎著. 明治前期を中心とした政府の記録組織の変遷等について 高橋喜太郎著. 枢密院制研究余滴 諸橋襄著. 戦前公文書の成 立過程 横溝光暉著. 初期の内閣文庫―研究余録 福井保著. 釈奠をめぐって―学神祭と[ホキ]の意味 小野泰博著. 明和8年刊抜参夢物語について―民衆運動と知識人 西垣晴次著. 後西天皇収 書の周辺 平林盛得著. 1935年の華北問題と上海武官 波多野澄雄著. 日独伊三国同盟の一断面―米内光政と阿南惟幾 野村実著. 曽禰メモとその周辺―終戦の詔書原案をめぐって 石渡隆之著. 附録:国際公文書館会議憲章
著者標目  岩倉, 規夫(1913-) <イワクラ ノリオ>
 大久保, 利謙(1900-1995) <オオクボ, トシアキ>
件 名 国立公文書館
文書館
日本 歴史 明治以後 史料
分 類 CUC:018.09
書誌ID B000249163

 類似資料