この情報を出力する

このページのリンク

ダンケツ カツドウ ノ ホウリ
団結活動の法理 : 野村平爾教授還暦記念論文集 / 中村吉三郎 等編

データ種別 図書
出版者 東京 : 日本評論新社
出版年 1962
大きさ 639p ; 22cm

所蔵情報を非表示

B2北書庫
366.14/Nak C900350141



書誌詳細を非表示

内容注記 内容:団結権論 団結する権利の基礎(沼田稲次郎) 団結権と組織形態(角田豊) 団結権保障と組合活動(籾井常喜) 企業別組合とユニオンショップ(本多淳亮) 労働組合の法的性格(秋田成就) 団結 自治と争議行為の概念(久保敬治) 団体行動権論 団体交渉における多数決原理(高島良一) 地方公務員の団体交渉権(青木宗也) 協同組合の団体交渉能力(峯村光郎) 争議行為に対する国家の中立ということにつ いて(山中康雄) イギリスにおけるストライキとそれに対する政治的介入の限度と思想について(松岡三郎) 労組法一条二項但書の「暴力の行使」について(窪田隼人) 争議行為の民事免責(佐藤昭夫) いわゆる山 猫争議の諸類型とその正当性(島田信義) 三六協定と残業拒否闘争(山本吉人) 公務員労働者と争議権(熊倉武) 旧労働組合法労働関係調整法と公務員の争議権(佐伯静治) 公務員に対する政治活動の規制(三島宗 彦) ロックアウト法理の再検討(蓼沼謙一) 労働協約論 労働協約の拘束力(宮島尚史) 利益代表者と職務権限(藤田若雄)
逆しめつけ条項の効力について(磯田進) 産業別労働協約と賃金決定(正田彬) 労働協約に関する法規と国際労働基準(中山和久) わが国における経営参加の系譜(片岡昇) 法の背景 法社会学と労働 法(渡辺洋三) 景 法社会学と労働法(渡辺洋三) 労働法の解釈(千種達夫) 生存権の保障と労働関係(芝木誠之) 労働権の法的構造(宮川澄) 労働時間に関する二,三の考察(有泉亨) 労働事件弁護 の濫觴(森長英三郎) 明治以後の丁稚(中村吉三郎) 地位保全仮処分の回想(柳川真佐夫) 中華民国初期の労働組合立法(向山寛夫) 「両参一改三結合」について(福島正夫)  野村平爾教授主要著作 目録
著者標目  野村, 平爾(1902-1979) <ノムラ, ヘイジ>
 中村, 吉三郎(1913-) <ナカムラ キチサブロウ>
件 名 労働法 論説
分 類 CUC:366.14
書誌ID B000272544

 類似資料