この情報を出力する

このページのリンク

ドイツ ヒョウゲン シュギ
ドイツ表現主義

データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 1971-1972
大きさ 251,8p ; 22cm

所蔵情報を非表示

B2南書庫 1 702.34/D83/1 9301616102



B2南書庫 2 702.34/D83/2 9301616005



B2南書庫 3 702.34/D83/3 9301615904



B2南書庫 4 702.34/D83/4 9301615807



B2南書庫 5 702.34/D83/5 9301615700



書誌詳細を非表示

内容注記 1:表現主義の詩
1:内容:人類の薄明―序(クルト・ピントゥス著 高安国世訳) ゴットフリ―ト・ベン(高安国世訳) エルゼ・ラスカ―=シュ―ラ―(平井俊夫訳) エルンスト・シュタ―ドラ―(飛鷹節訳) ゲオルク・ハイ ム(本郷義武訳) ヤ―コプ・ファン・ホディス(本郷義武訳) アウグスト・シュトラム(本郷義武訳) フランツ・ヴェルフェル(本郷義武訳) ゲオルク・トラ―クル(内藤道雄訳) イヴァン・ゴル(吉村博次訳) ヨハネス・ロ―ベルト・ベッヒャ―(高安国世訳) ゴットフリ―ト・ケルヴェル(飛鷹節訳) オスカ―・レルケ(岩橋保訳) 詩43篇(ツェヒ等著 田口義弘訳) パウル・クレ―,ヴァシ―リィ・カンディンスキ―( 土肥美夫訳) フ―ゴ―・バル,リヒァルト・ヒュルゼンベック(土肥美夫訳) ハンス・アルプ(平井俊夫訳) クルト・シュヴィッタ―ス(土肥美夫訳) 解説(高安国世)
5:内容:芸術革命と言語芸術<<デァ・シュトウルム>>を中心とした文学運動 芸術革命と芸術論,言語芸術.政治と文学・芸術<<ディ・アクツィオ―ン>>を中心とした文学運動 第一次大戦勃発まで,大戦中と革命の はじまり.表現主義をめぐって 表現主義時代の評論から.ダダ. 作家略歴,表現主義総合年表
2:表現主義の小説
2:内容:若い作家たちに(クルト・ピントゥス著 幅健志訳) 息子(ハインリヒ・マン著 小島衛訳) 医師レンネ(脳髄)(ゴットフリ―ト・ベン著 高安国世訳) モナ・リ―ザ泥棒(ゲオルク・ハイム著 本 郷義武訳) たんぽぽ殺し(アルフレ―ト・デ―ブリ―ン著 早崎守俊訳) ナポレオン(カ―ル・シュテルンハイム著 大山定一訳) 小市民の死(フランツ・ヴェルフェル著 谷友幸訳) 死の五月(カ―ジミル・エ―ト シュミット著 小島衛訳) 愛しき二人(レ―オンハルト・フランク著 小岸昭訳) マンハッタン・ガ―ル(ロ―ベルト・ミュラ―著 岩橋保訳) トゥブッチュ(アルベルト・エ―レンシュタイン著 吉村博次訳) ベビ ュカン(カ―ル・アインシュタイン著 土肥美夫訳) アテネの丘にたつ少女たち(ルネ・シッケレ著 飛鷹節訳) あるアカデミ―への報告(フランツ・カフカ著 前田敬作訳) 蝿とり紙(ロ―ベルト・ムシル著 西井武 訳) 変転(リヒァルト・ヒュルゼンベック著 田口義弘訳) 黒・白・赤(ミュノ―ナ著 前川道介訳) 作家略歴,解説(前田敬作)
3:表現主義の演劇・映画
3:内容:戯曲 暗殺者、女たちの希望(オスカ―・ココシュカ著 土肥美夫訳) 黄色い響き(ヴァシ―リィ・カンディンスキ―著 土肥美夫訳) めざめ(アウグスト・シュトラム著 本郷義武訳) 哀れないとこ (エルンスト・バ―ルラハ著 岩淵達治訳) メトゥ―ザレム―あるいは永遠のブルジョア(イヴァン・ゴル著 吉村博次訳) アンチゴネ―(ヴァルタ―・ハ―ゼンクレ―ヴァ―著 近藤公一訳) 群衆―人間(エルンスト ・トラ―著 吉安光徳訳) 朝から夜中まで(ゲオルク・カイザ―著 近藤公一訳) 舞台 総合舞台芸術作品について(ヴァシ―リィ・カンディンスキ―著 土肥美夫訳) 舞台芸術作品論(ロ―タル・シュライア―著 近 藤公一訳) 続・舞台芸術作品論(ロ―タル・シュライア―著 近藤公一訳) ドラマ(ロ―タル・シュライア―著 稲田伊久穂訳) 『メルツ』の世界から(クルト・シュヴィッタ―ス,フランツ・ロラン著 近藤公一訳) 人間と芸術的形姿(オスカ―・シュレンマ―著 近藤公一訳) 演劇・サ―カス・ヴァリエテ(ラスロ・モホイ=ノジ著 近藤公一訳)
3:ピスカ―トル劇場の成立(エルヴィン・ピスカ―トル著 近藤公一訳) 映画 表現主義映画(ル―ドルフ・クルツ著 外村完二訳) 作家略歴,解説(岩淵達治,近藤公一,外村完二)
4:表現主義の美術・音楽
4:内容:芸術運動としての表現主義(土肥美夫) 世紀末芸術における表現主義的傾向(鈴木正明,土肥美夫) 第一次大戦前における運動の多彩な展開 ドレスデン、一九〇五年<<ブリュッケ>>の結成とその画家た ち(大原親) 北ドイツの孤独な芸術家たち(大原親) ウィ―ン、一九〇八年<<クンストシャウ>>(芸術総合展)以後(勝国興) ウィ―ン、シェ―ンベルクとその楽派の表現主義(谷村晃) ミュンヘン、一九一二年<<青 い騎士>>の成立(西田秀穂) ベルリン、一九一〇年以後、ヴァルデンの<<シュトゥルム>>運動をめぐって(土肥美夫) 戦中と革命の時期―表現主義からダダへ(乾由明) 大戦後における表現主義の変貌(土肥美夫) 魔 術的リアリズム(土肥美夫) バウハウス(宮島久雄) 作家略歴,主要文献
5:表現主義の理論と運動
件 名 ドイツ詩 詩集
ドイツ小説 小説集
ドイツ戯曲 戯曲集
演劇(ドイツ)
映画 ドイツ
音楽(ドイツ) 歴史
芸術 ドイツ
分 類 CUC:702.34
書誌ID B000225247

 類似資料