この情報を出力する

このページのリンク

ミヤザキ トウテン ゼンシュウ
宮崎滔天全集

データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 1971-1976
大きさ 724,37p 図 肖像 ; 22cm

所蔵情報を非表示

B2北:Jブロック 第5巻 310.8/Miy/5 C900083879




B2北:Jブロック 第4巻 310.8/Miy/4 C900083860




B2北:Jブロック 第1巻 310.8/Miy/1 C900083836




B2北:Jブロック 第2巻 310.8/Miy/2 C900083844




B2北:Jブロック 第3巻 310.8/Miy/3 C900083852




書誌詳細を非表示

内容注記 第5巻:内容:暹羅行途上(第一信),暹羅行途上(第二信),暹羅行,暹羅雑信,暹羅内地探検,暹羅短信,暹羅農商務大臣スリサック伯,暹羅の貿易,暹羅国土人音楽,暹羅に於ける支那人,暹羅土人の風俗,暹羅国王来遊 の噂に就て,盤谷雑話,暹羅商業談(阿川太郎氏の談話),暹羅殖民始末, 無題草稿1,無題草稿2,暹羅殖民私見,浪花節の改良に就いて,国是問答,随感随録,支那革命或問,家憲十則,南遊記,無題草稿3,支那 革命のぞ記,無題草稿4,『利根川勝地案内』序,桂太郎と孫逸仙,無題草稿5,筆談残稿, 内田甲氏西比利亜談,支那だより,旅中閑話,香港特信,支那海上より,東京だより,浮萍日程,香港通信,伊藤公一代記 , 書簡集,『革命評論』発送原簿,宮崎滔天(築地宜雄) 亡夫滔天回顧録(宮崎つち子) 槌子夫人歌稿(抄), 宮崎滔天年譜稿 宮崎滔天関係系図
第4巻:内容:艦隊訪問,乾坤鎔盧日抄,桃中軒の近状,巡業雑録,『太平天国戦史』題辞並題詩,支那留学生に就て,米国の今昔,野満俊太郎と弟留記,伊藤絹代夫人を悼む,浪花節評,浪花節と天理教,関西九州巡業日 誌,「協同隊」に就て読者諸君に謹告,熊本協同隊,『近世名士譚』序,よもや日記,侠客と江戸ッ児と浪花節,洪疇和尚を憶ふ,黄一欧消息,浪人界の快男児宮崎滔天君夢物語,天草四郎,金玉均先生を懐ふ,宮崎滔天 氏之談, 南北妥協問題に就て,銷夏漫録,朝鮮のぞ記,むだが記,『みだれ箱』の中より,韜園近況,帝劇見物,近状如件,佐々木金次郎君を悼む,久方ぶりの記,故山田良政君建碑式,旅中漫録,参宮紀行. 解説・解 題
第1巻:内容:三十三年之夢,落花の歌,続三十三年之夢,清国革命軍談,支那革命物語,幽囚録,孫逸仙,孫逸仙,孫逸仙は一代の大人物,桂太郎と孫逸仙,革命党領袖黄興と語る,黄興先生三週年の思ひ出,黄興将軍と 刺客高君,湖南行,広東行. 解説(小野川秀美)
第2巻:内容:東京より,肥後人物論評,肥哲余芳,浪人生活,浮浪生君に答ふ,浮浪人様に答ふ,軽便乞丐,亡友録,発刊の辞,支那立憲問題,支那留学生の責任,支那革命と列国,支那革命の大勢,革命問答,『財界撹乱 』の妄を弁ず,『滬上評論』発刊の辞. 解説・解題
第3巻:内容:独酌放言,狂人譚,明治国姓爺,炬燵の中より,出鱈目日記. 解説・解題
一般注記 編者:宮崎竜介,小野川秀美
著者標目  宮崎, 滔天(1870-1922) <ミヤザキ, トウテン>
件 名 宮崎 滔天(1870~1922)
分 類 CUC:310.8
書誌ID B000237019

 類似資料